紫外線の影響、ここでよく知っておきましょう

紫外線とつきあうために

〜紫外線情報にまつわる豆知識〜

    
スポンサードリンク

紫外線対策それぞれ

 紫外線量が年間を通して増えてくるのは 4月から9月といわれています。
 1日のうちでは午前10時から午後2時が紫外線量が多いです。外で過ごすのが楽しくなる時期だからこそ、自分に合った紫外線対策を準備しておいたほうがいいでしょう。自分に合った紫外線対策とスキンケアを実践することが大切です。
 紫外線対策は肌タイプによって必要度が違ってきます。一般的に肌の色が黒い人ほど、紫外線に対する抵抗力が強いといえます。あなたの肌はどちらのタイプかを理解しておくことが大事です。どちらのタイプだとしても紫外線対策は必要ですが、自分に合った紫外線対策を理解しておくことで、より良い紫外線対策をおこなうことができるようになります。
紫外線対策・肌タイプの違い
*色白肌タイプの人の場合
色白の肌の人は日に当たると赤くなりやすいといわれています。紫外線のダメージを受け やすいタイプでもあります。日焼け止めをしっかり塗る、服装を工夫するなどの対策が必 要です。
紫外線対策・肌タイプの違い
*褐色肌タイプの人の場合
褐色の肌タイプの人は日に当たるとそのまま黒くなるといわれています。紫外線には比較 的強いタイプでもあります。日焼け止めは軽めでもかまいませんが、過信せずに対策をお こなうことが必要です。

日焼け止めを使いましょう

 紫外線を防ぐには日焼け止めを使用することが大切です。また日焼け止めを使い分ける ことは、更に大切になっています。
 SPFやPAなどの数値は、必ずしも高いほうがいいわけではありません。使用シーンや肌に合ったものを選びましょう。一般的に子供はSPF10から20、PAはPA+からPA++が適しています。大人は日常はSPF20から30程度、アウ トドア時はSPF40から50でPAはPA+++が良いとされています。紫外線対策として日焼け止めを重ね塗りをする人が多いと思います。SPF20の日焼け止めの上にSPF15のファンデーションを重ねても、SPF35の効果は得られません。しかし単純 な足し算はできないものの、日焼け止め化粧品は単品で使うよりも重ねて使った方が紫外線防止効果が高まります。
 紫外線対策で日焼け止めをたくさん塗ったのにも関わらず、汗をたくさんかいてしまい流れてしまうことも多いと思います。汗をたくさんかくときは、ウォータープルーフタイプを使い、2時間ぐらいで塗りなおすことが大切です。
 紫外線を防ぐために日焼け止めを使用することは、効果もあり大変有効です。ただ良く使い方も読まずに、数値が高いという理由だけで購入し、使用している人も多いのではないでしょうか?現在はさまざまな日焼け止め製品が販売されています。より効果のある紫外線対策をするために、自分に合った製品を選ぶようにするとよいでしょう。
スポンサードリンク

日焼け止めの選び方

 紫外線防止に役立つ日焼け止めですが、SPFやPAという単語の意味を理解していない 人、結構いるのではないでしょうか。自分に合った日焼け止めを選ぶことができるように、 SPFやPAの意味を解説しておきたいと思います。SPFはSun Protection Factorという意味で、 UV-Bをカットする効果のことを言います。SPF1で、20分効果が持続することを表し、数値が上がるごとに持続時間が長くなります。PAはProtection Grade of UVAという意味で、UV-Aをカットする効果のことを言います。 PA+から+++の3段階で、+が多いほど効果が高くなります。
 紫外線吸収剤という成分があります。これは紫外線を吸収数成分のことを言います。カッ ト効果は高いものの、有機化合物なので、肌の弱い人はかぶれることがあります。また紫 外線散乱剤という成分は、微粒子によって紫外線を散乱させる成分です。塗ると白浮きするものもありますが、肌への刺激や負担が少ないので子供や、アトピー性皮膚炎の方にはこちらがオススメです。紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで作られているものは「ノンケミカル」と表示されていることがあります。
 紫外線対策で日焼け止めを購入する際は、以上の表示を参考の上、販売店の方のアドバイスや自分の肌のコンディションも考慮しながら、選ぶとよいでしょう。

環境を脅かす紫外線

スポンサードリンク
 紫外線を長時間浴びてしまい、焼けてしまったらまず冷やすことをおぼえておいて下さ い。肌が赤くなるほど日焼けをしてしまった場合、アイスノンや冷タオルなどを肌に当て、 ほてりをしずめます。その日の入浴やお酒は控えることも大事です。色素沈着を防ぐ効果 があるビタミンCを摂取するのもおすすめです。
 紫外線を浴びないように、外出時には日焼けを防ぐ服装を心がけることも大事です。日焼 けを防ぐ服装とは、洋服なら袖や襟のあるもので肌の露出を少なくしましょう。紫外線カ ット効果があるものは、白い生地よりも色のついたものが良いです。帽子の場合は、全体 につばのあるものが良いでしょう。日傘を低めに差すのも有効です。
 紫外線は現在地球規模の環境問題と密接に関わっています。オゾン層がフロンガスなどの 影響で破壊されていることはご存知でしょうが、オゾンホールはフロンガスが禁止され た今も、年々広がっているといわれています。オゾンは大気中では微量な存在に過ぎま せんが、太陽から放射される紫外線の大部分を吸収し、地上に殆ど紫外線を到達させ ない役割を担っています。南極圏でのオゾンホールは、オーストラリアやニュージーランドの南部にまで広がります。そのため、この地域での紫外線の増大は、帽子をかぶらないと肌が荒れてしまうほど強烈であるといわれ、人類の健康に無視できない影響を及ぼすようになってきているのです。
Copyright (C)紫外線とつきあうために 2007 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system